ふくびき物語

ふくびき物語

ドラクエ10のふわふわ想像物語です

手紙が届きました

プーコです ヽ(・∀・)

f:id:fu9biki:20190308181000j:image

何やら 郵便が 届きましたよ

お手紙の ようですね

誰からでしょうか?

 

f:id:fu9biki:20190308181159j:image

(´⊙ω⊙`)おお

トート君では ないですか?

プーコに 話が ある・・・

なるほど お留守番が 寂しくなって

プーコと 遊びたくなったのでしょう

トート君は まだまだ キッズですからね

 

さっそく 行ってみましょう

 

※ どうぐかばん 拡張クエスト ネタバレ注意 ※

 

 

 

f:id:fu9biki:20190308181446j:image

トートくーん

あーそーぼー  ヽ(・∀・)

 

トート

「 プーコさん 大変です!!」

 

大丈夫です!

遊び道具なら 持ってきましたよ ( ˘ω˘ )

f:id:fu9biki:20190308181748j:image

ハイ ♪(´ε` )

バトエン

 

トート

「 ・・・ ・・・」

「 プーコさん  大変です 」

 

任せて!!( ˘ω˘ )

あそ…

 

トート

遊びません!!

 

f:id:fu9biki:20190308182642j:image

    ボクは バトエンやらないですって

    前にも言ったのに…

    そんなことより!!

    父さんの 行方が やっと わかりました!

    バドリー岩石地帯という場所に

    向かったって・・・

 

    いくら 究極のどうぐかばんの材料を

    探しているからって こんなに 長期間

    ほったらかしにするなんて ひどすぎます!

    プーコさん お願いします

    父さんを 連れ戻してもらえませんか?」

 

 

そういった お話でしたか・・・

了解です( ̄^ ̄)ゞ

必ずや お父さんを 連れて帰ると

お約束しましょう!!

 

プーコに おまかせですよ( ˘ω˘ )

行ってきまーすヽ(・∀・)

 

バドリー岩石地帯

f:id:fu9biki:20190308201614j:image

行き先は・・・

遠っ!!Σ(゚д゚lll)

 

上から行っても… 下から行っても…

 

遠っ!!Σ(゚д゚lll)

 

まったく なんてところに!!

f:id:fu9biki:20190308184008j:image

ふーε-(´∀`; )やっと 着いた ♪

 

f:id:fu9biki:20190308184226j:image

あのー・・・

ボルターさんって 知ってますか?

 

モルニフ

「 あんた … … あいつを 探しに

    来たってのかい … だったら 残念だが

    あいつは … … ボルターは

 

    死んじまったよ 

 

f:id:fu9biki:20190308201629j:image

え ∑(゚Д゚)

そそそんな・・・

 

モルニフ

「 そうだ あいつから 預かった手紙がある

     一人息子に 宛てたものらしい

     届けてくれねえか? 」

 

f:id:fu9biki:20190308185122j:image

わかりました・・・

 

でも どうしましょう・・・

トート君に なんて言えば・・・

必ず連れて帰る とか 言っちゃった…

 

クスン・・・どうしよ

クスン・・・クスン・・・

f:id:fu9biki:20190308185501j:image

うわーーん

。゚(゚´ω`゚)゚。

 

トート君 かわいそうだよーー

お留守番じゃなくて 本当に1人に

なっちゃったのですー

1人は さみしい のですー

 

 

クスン・・・クスン・・・グス

私が 泣いて ばかりいても

仕方ないのー

 

プーコは 大人ですから しっかりと

この事実を トート君に 伝えなくては

いけませんね (´;ω;`)  よし!

井戸へ 帰りましょう!

 

f:id:fu9biki:20190308190243j:image

あの・・・その・・・

ちょっと・・・言いづらいのですが…

 

トート

「 これって … 父さんからの手紙ですか?」

 

あ・いや・その もごもご・・・

 

「 ちょっと 読んで みますね!」

 

        我が息子トートへ。

ついに 究極の どうぐかばんの材料に

ふさわしい皮を 見つけた

バドリー岩石地帯の トリカトラプスが

持つ 古代獣の皮だ  魔物に挑んで 無事に

帰れる 保証はない  念のため この手紙を

書き残しておく     私は お前が

一生懸命につくる 形の悪い カバンが

好きだったぞ

 

 

トート

「 そんな … … これって… …

    父さんは … もう… … 」

 

はい・・・(´;ω;`) そうなのです

トート君の お父さんは もう… クスン

f:id:fu9biki:20190308193634j:image

一緒に 泣きましょう

悲しい時は 思いっきり 泣くと

いいのです (´;ω;`)

 

ん?トート君?

泣いて・・・は・・・いない?

 

トート

「 お願いです プーコさん

    古代獣の皮 手に入れてきて下さい」

 

f:id:fu9biki:20190308193915j:image

え Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

いま そこから 戻ってきた ばっかりですよ

 

トート

「 どうか … どうかお願いします!」

 

わかりました!!

他ならぬ トート君の 頼みです!!

幸い 今日の分の バシッ娘さんは

まだ 残っています!!

行ってきましょう( ̄^ ̄)ゞ

 

 

そして 再び バドリー岩石地帯

f:id:fu9biki:20190308201659j:image

トリカトラプス

 

古代獣の皮 を 手に入れた

 

f:id:fu9biki:20190308194756j:image

トート

「 ありがとうございます

    これが 究極のどうぐかばんの材料…

    ボクこれで かばんを完成させたいです

    しばらく したら また来てください!」

 

 

リアル時間で 3分経過・・・

 

 

「 ああ プーコさん! ちょうど 完成した

    ところです!

    形は 悪いけど・・・

    この 究極のどうぐかばん・・・

    プーコさん に使って ほしいのです 」

 

f:id:fu9biki:20190308195815j:image

どうぐかばんに 50種類

いれられるようになった!!

 

 

やったぁー

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

f:id:fu9biki:20190308200014j:image

まったね なのー ヽ(・∀・)

 

 

 

〜 おまけ 〜

f:id:fu9biki:20190308200622j:image

調理職人 Lv10に なりました ♪

 

f:id:fu9biki:20190308200643j:image

 

 

 

 

(c)2017 ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX ALL Rights Reserved.