ふくびき物語

ふくびき物語

ドラクエ10のふわふわ想像物語です

声が小さくて…

メンメです・・・

ドルボードの声が  聞こえる・・・

プーコさん の ドルボードが 私を

呼んでいる。。。

f:id:fu9biki:20190131194628j:image

ということで ドルボードの クエス

やりにきました!

プーコです ヽ(・∀・)

レンダーシア上陸にむけて 準備中べす (。-_-。)

※ 以下 ドルボードクエスト ネタバレ 注意です ※

 

 

 

 

 

 

メンメ

「 … … 待っていたわ

    じつは あなたの ドルボードは 普通の

    ドルボードとは 少し違っていたの…    

    確かめたい事が あるから 見せてくれる?

    あ… ボディの内側に 古代文字が… 」

 

え(・ω・`)

メンメさん あの… 声が… 聞こえない…

 

メンメ

「 古代文字の 本

    借りてきて… 」

 

あ(・ω・`)

了解です!!  なんとか 聞こえた…

 

ドルワーム王国

f:id:fu9biki:20190131200231j:image

トゥダ

「 … … ワシに 用かの?

    古代文字の 本なら 2階の 図書室じゃ 」

 

(・ω・`)

 

f:id:fu9biki:20190131200541j:image

本 借りまーす!

 

研修員

「 え!? ちょ!? 貸し出し表に

    名前 書いてってよねー!!! 」

 

f:id:fu9biki:20190131200911j:image

メンメ

ガテリア式技術大系

    この本 … リウ老師が 書いた…

    あまりにも 難解で 途中でくじけて

    しまった この本… 今度こそ… 」

 

え(・ω・`)

よく聞こえないですのー・・・

 

メンメ

「 読む 時間をちょうだい」

 

あ(・ω・`)

はい リアル時間で 3分ですね・・・

f:id:fu9biki:20190131201615j:image

まだかな♪  まだかなー 🎶

 

f:id:fu9biki:20190131201911j:image

メンメ

「 どうやら この子には… 」

 

(・ω・`)

 

「 メタルハンターから

    エナジーポット

    とってきて・・・ 」

 

えΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

まだ 完成しないのですか・・・

 

エナジーポットですね…

了解ちゃん ですのー ( ̄^ ̄)ゞ

 

f:id:fu9biki:20190131202509j:image

白いボティガードさん でた ♪

 

f:id:fu9biki:20190131200911j:image

はい ♪ これで お願いします ヽ(・∀・)

 

メンメ

「 ありがとう… それを… タンクに…

    できた… チューニング完了よ… 」

 

f:id:fu9biki:20190131203025j:image

やった ♪ (*゚▽゚*)

 

メンメ

「 ちょっと・・・」

 

さーて♪  バトルトリニティでも

やりに 行こーっと ♪(´ε` )

 

メンメ

「 ちょっと!!」

 

え (・ω・`)

何か・・・?

 

メンメ

「声が聞こえる…

    もう一度見せて!

 

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

えっと… 今日は… ちょっと…

お疲れちゃん なので 明日でも…

 

メンメ

「ダメ・・・

   その子が 呼んでる」

 

(・ω・`)

わかりました…  がんばります!

 

f:id:fu9biki:20190131194628j:image

メンメ

「 この子が まだ 自分は がんばれるって…

    あなたの 役に立ちたいって 言ってる…

    でも わたしには… どうすることも… 」

 

デコリー 

「 話は 聞かせて

    もらったよ!! 」

 

えΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

聞こえたのですか?

あんなに 小さい声なのに…

f:id:fu9biki:20190131204935j:image

デコリー 

「 ドルボードが 役に立つっていえば

    やっぱり スピードだろ?

    スピード狂の アタシの 弟が

    ドルワームに いるから

    相談してみると いいよ 」

 

(・ω・`)

また ドルワーム・・・

 

f:id:fu9biki:20190131205635j:image

チュニグ

「 デコリー 姉ちゃんと メンメの

    差し金か・・・

    おもしろそうじゃねーか・・・

    どーれ・・・ まずは スカラベキング倒して

    素材を・・・」

 

はあ はあ( ;´Д`)

はあ はあ( ;´Д`)

 

疲れてきた ・・・

写真撮り忘れてる・・・

 

チュニグ

「 ククククククククククククク

    ついに・・・ついに・・・」

 

はあ はあ ( ;´Д`)

はあ はあ ( ;´Д`)

 

もういいかな・・・ はよ はよ

 

なんやかんやで…

f:id:fu9biki:20190131210352j:image

メンメ

「 やった… 完成よ! 」

 

f:id:fu9biki:20190131210533j:image

 

やったぁー!!

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

不思議な声が どこからか 聴こえてきた

 

… … ありがとう。

ただ  この言葉を

あなたに。

 

 

f:id:fu9biki:20190131211214j:image

まったね なのー ヽ(・∀・)

 

途中 ブログ書いてる 中の人の

声が 漏れ出してしまったことを

お詫びいたします m(_ _)m

 

 

〜 おまけ 〜

昨日の 冒険ゼミの 講義に 非常に

難度が高い 問題が あったので

ご紹介します ヽ(・∀・)

 

講義「 みんなで遊ぶには?」

第1問

知り合った ほかの冒険者と パーティー

組んで 一緒に レベル上げたり

冒険がしたい!

そんなときは どうするといい? 

1、なかまにさそう

2、じっと 見つめる

3、さびしそうに去る

 

私の 解答は・・・

f:id:fu9biki:20190131215532j:image

3番ですよー  (T ^ T)

なんなら なるべく 目を あわせないように

素早く立ち去ります

なかまにさそう なんて・・・

え・・・ムリ。